【採用担当者様向け】募集要項は求人広告の命

広告においては、ついつい派手で目立つデザインに
目が行きがちですが、
求人広告では給与や勤務時間、待遇・福利厚生、応募を記載する
いわゆる「募集要項」が最も大切な箇所です。

弊社ではただ募集条件を単純に表記するのではなく、
具体的な例や独自の制度をアピールして
求職者の心をグッと掴めるように心がけています。

●給与はターゲットに対する金額にプラス、
 先輩や役職者の給与例などを記載すれば、
 求職者にとって自分の未来像を重ねることができ、
 目標や夢に繋がります。

●時間については、単純に募集時間帯を書くだけでなく
 具体的なシフト例を記載すると
 働き方のスタイルがよくわかります。
 ノー残業デーなどの制度などもあれば
 忘れず記載するのがベストです。

●特に休日や福利厚生では企業によって
 色々おもしろい工夫をしているところがたくさんあります。

 ・誕生日や結婚記念日に休めるメモリアル休暇
 ・契約を取るごとに1日休日が扶養されるインセンティブ休暇
 ・月の最終の金曜日は業務終了後、
  オフィスで簡単な飲み会を開催する月末サロン制度。
 ・勤続3年目に社長がスーツを買ってくれるという企業もあります。
 ・社員旅行や忘年会に家族参加OKという企業。

自分の会社のことだと「当たり前」に感じて、意外と忘れがちですが、
社員に対する「会社の思い」が表れるものですから、
募集広告を依頼する際は、弊社に細かく教えて下さいね。

●変わったところでは応募欄での一言。

「掲載が終了した後も随時応募を受け付けています。」

採用を急いでいる案件では使用できませんが、
「良い人材だったらいつでも採用したい!」
という企業も少なくありません。
求職者は応募を迷っている求人情報を
とりあえずスクリーンショットに取ったり、
求人サイトのキープ機能を使っている人もいます。
電話番号を掲載できるタイプの求人でこの一言を添えていれば
掲載期間終了後でも応募が来る場合があるのです。
せっかく予算を使って募集をかけるのですから、
できるかぎり有効にお使い頂くことをお勧めします。

求人原稿にイラスト、使ってみませんか?

最近、求人原稿でのイラスト使用が増えています。
弊社でも学校などでのICT導入・運営のサポート職の求人で使用しました。
課題になったのは仕事内容のビジュアル化。

・教育現場でのICT導入・運営支援
・先生方への講習で知識や理解を深める業務
・授業でのICT機器活用事例の紹介
・簡単なメンテナンスやサポート窓口

こういった内容に即した写真を撮影するのは大変ですし、
フリー素材を探してもなかなか見つかるものではありません。

弊社ではこの4つのイラストをオリジナルで作成しました。
文章ならばある程度の量が必要になるところですが、
イラストならば一目瞭然。
なかなか難しかった募集ですが、採用に至る結果に繋がりました。

イラストが絶対成功に繋がるとは限りませんが、
写真ばかりをビジュアルに使用されているなら、
時には目先を変えてみる意味でもイラストを使ってみませんか!

■「イラスト」⇒「夢」、「写真」⇒「現実」
バブル華やかなりし頃、求人広告にはイラストがいっぱいでした。
ところがバブルがはじけ、景気が低迷し始めると
求人広告は写真ばかりになりました。
実は、これには理由があります。
景気が良くて転職など職探しに夢があった頃はいいのですが、
景気が悪くなると人は「夢」より「現実」を重視するのです。
だから、実際に働く現場、働く仲間、実際の商品の現実を確実に伝える
「写真」の訴求力がUPするのです。
いつしか求人広告は写真ばかりになってしまいました。

■広告はインパクトも大事です。
好景気の時はイラスト、不景気の時は写真…と書きましたが、
現在イラスト使用が増えているのは、その理由ではありません。
TVや広告が写真でいっぱいになる期間が長期に渡ると、
今度はビジュアルとしてのインパクトが落ちてきます。

そこでビジュアルとしてのイラストの復権です。

テレビで使用するフリップなどにもイラストが
増えてきたのを感じ取っている方も多いと思います。
最近ではイラスト素材を無料で提供するところも多くありますが、
訴求内容にピッタリの素材を見つけるのは難しく、
また誰でも使えるのでオリジナリティはありません。

弊社では、オリジナルのイラスト作成も承っています。
ご興味のある方は是非一度ご相談ください!